014.LA LA LAND

 

 

f:id:bettersw:20170328125704j:plain

 

 

久しぶりのブログ(毎回これ。)

 

 

最近、話題になっているLA LA LAND見てきました。

 

 

用事で出かけた際に時間があり、映画館が近くにありSNSで話題になっていたLA LA LANDを見てみようかなと映画館に入りました。

 

 

僕、今年で27歳になるんですけど、ある程度の年齢になると過去の出来事がトラウマで避けたい映画で出てくると思うんですよね、僕はスクールカーストがトラウマでそういうのが話題になっている映画やドラマはほんと避けたくなりますね、それに学歴や年収とか社会的な地位とかもないので、そういう話題のものも避けたくなります、あと動物が好きなんで痛めつけられる映画も見たくないです。

 

 

そしてLA LA LAND

あまり映画の情報を知らないので、ポスターとかのSNSの感想の情報では「ミュージカル映画?男女が踊っている恋愛映画なのかな?、ノリノリのオシャレな映画?」くらいの判断でした、500日のサマーのようにラストで心にグサッとくる映画はトラウマ(500日のサマーは大好きな映画ですが)だったので観たくないなとは思いつつ、とりあえず見てみようと決心しました、"避けたい映画"だったとしても。

 

 

 

…映画鑑賞後の感想、僕の"避けたい映画"ではありませんでした。

テーマは"夢"の映画で多幸感や挫折や妥協を描いた映画でした。

二回見たくなるって人の気持ちが分かりました。

 

 

ミュージカルシーンが楽しすぎて涙が出てきそうになるほどよかったです、こんな経験久しぶりですね、音楽フェスにいる気分になるような感じでしたね、ファッションというかセットの色彩もオシャレで見ていて飽きないですよね。

 

 

見る人を選ばない映画とは断定できないですけど、恋愛映画が苦手な人にも見れる映画だと思います、ネタバレにならないように書きますが、現実というか、やりたくないことをやらなきゃいけないことや自分の実力を受け入れなきゃいけない時って必ずしもあると思います、映画ではそういうシーンがあるんですが、その葛藤は自分はすごく分かります、受け入れなきゃいけない感じの辛さというか、身丈に合わすって結構覚悟がいりますし、プライドが高かったりや努力をしていたならなおさらです。成長や現状を変えるのにそういうことって必要ですよね。目をそらしたいことややりたくないことに向き合わないといけない辛さ。

 

 

そしてラストのほろ苦い感じ、すごく好きです。それは見てのお楽しみで。

 

 

僕の中で五段階評価で最高点★5をつけたいと思います。

LA LA LAND ★5

 

 

ちなみにララランドの英語の意味を検索したんですけど、ロサンゼルスの愛称や現実離れしている状態なんて意味があるみたいですね。

 

 

013.SUMMER

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりのブログ(約4か月ぶり)

 

 

10月からは毎週書くようにしたい。

  

この夏の思い出を書いておく。

 

 

サマソニ大阪2016に参加してきた。

 

母の実家が大阪にあるから行ったけど、 わざわざ長野から大阪のサマソニに行ってきたのは自分くらいだろうなって思う。

 

自分が見たアーティスト

 

 

f:id:bettersw:20161003034535j:plain

 

[Alexandros]

 

フェスとは言えばこのバンドでしょうと、遠くから落ち着いてみようと思ったけど、Burger Queenが流れてメンバーが出てきた瞬間に「洋平!!!!」って叫んで前の方に行っていた笑。

激しくて爽やかで甘いサウンドが夏の空を染めていくようで最高に楽しかった。

楽曲の魅力ももちろんあるけど、ボーカルの川上洋平のファッションやヘアスタイルとかも憧れている。

 

 

米津玄師

 

前から気になっていた存在、同い年ってこともあるし、楽曲を作ったり、絵を描いたり表現力が多彩でこういうことができるっていいと思っていたし、歌詞の前向きさも好きで、同い年でこんな感性があって羨ましいし、こういうことをしたいなって思っていたことを形にしていてすごくいい。

 

 

 

サカナクション

 

 

かなり期待していたバンド、やはり最高のステージ。セットリストがめっちゃよかったし、ライブ映像でも見たけど和太鼓バンドとコラボしたクラブサウンドを混ぜた曲を実際に和太鼓バンドとコラボして聞けてよかった、まさか聞けると思わなかったから最高だったな。

サカナクッションでその日一番踊ったと思う。

 

 

Radiohead

 

思春期に聞いて衝撃を受けたバンドのひとつ、なかなか始まらなくて次のTHE1975のステージに行こうかなって思っていたら最新アルバムのBurn the witchが始まった瞬間の自分が今までライブ行ってきた中で一番の衝撃、Radioheadの音楽に周りが一気に飲み込まれるよう。

もちろん大トリだから演出や機材がいいんだろうけど、世界で活躍しているバンドの実力を垣間見れた。これはフェスで色んなアーティストを見ているから実感できるんだろうな、それぞれアーティストの良さとか違いが分かるのもフェスの魅力だ。

もっと聞きたかったけどdaydreamingを聞いてから次のバンドに向かった。

 

 

THE1975

 

 

f:id:bettersw:20161003034600j:plain

今回のフェスで一番見たかったバンド。最新アルバムから聞きたかった曲も聞けたし、照明の演出やサックスの演奏が魅力的だったな、色っぽい魅力があったな。官能的でセクシーなバンドでそれでいてサウンドが80'sに影響受けていてどことなく懐かしい感じが自分のツボでたまらなかったな。

 

 

 

サマソニは死ぬほど暑いし人も多いし、会場から会場まで移動時間もかかったんだけど、それでもまた来年も絶対に行きたいと思えるんだからすごいよね。

 

来年は誰出るんだろうか。 

 

 

 

012.君の膵臓をたべたい

  

f:id:bettersw:20160528165031p:image

 


久しぶりのブログ。

 

 

人に薦められて読んだ一冊  

「君の膵臓をたべたい」というタイトルのインパクトに最初は少し引いたんだけど、読み終えてから改めて君の膵臓をたべたいに込められた意味を知ると胸が締め付けられるね。恋愛小説と括れる小説じゃなくて人の付き合いや人の温かさを感じれる小説だったな。

 

 

内容は高校2年生のクラスの目立たない男の子が同じクラスで目立つ女の子の病気の事を知ってしまい、その女の子は身内以外に唯一病気の事を知る人として心の内を明るく話して、乗る気でない彼を巻き込んで物語は進んでいく。

 

 

スクールカーストの違う2人ってのもおもしろいなって思った、会話がおもしろいと思うし、周りの反応とかも関係性をあまりよく思わないことが書かれてあって、正直自分の高校時代の恋愛とちょっと似ているなって思い出した。

 

クラスで目立たない男の子は俺と何となく似ていて、自分の高校生活も彼と同じく友達いなくて孤立して読書が好きな高校生だった、そんな自分がまぁまぁ目立つタイプの方の女の子と仲良くなることができて相手から告白されたけど、その人には彼氏がいてキープされていただけだったなー、本命がきたらあっさり一方的にフラれて終わらされた。

 

付き合ってくれなかった理由はカーストの違う俺と一緒にいるのが嫌だったみたい、これは未だにショックだったりする。

  

現実は小説のように美しくはないけど、 そんな高校生の時の楽しかったことや嫌だった事とかを思い出しながら読んでいたな。

 

 

011.I like it when you sleep・・・・

 

 

 

THE1975の2ndアルバムを購入。

最初にアルバムを聞いたときの印象はまるで夢の中にいるような雰囲気で、80'sの感じはもちろんのこと、前作のTHE1975にはなかったゴスペルやR&Bやエレクトロの要素も、シューゲイザーな感じの曲も入っていて、それに19曲もあってかなり充実したアルバムだった。

このアルバムは全英でも全米でも一位を獲得したんだってね、納得の一枚。

 

 

アルバムから好きな曲を何曲か紹介する

 

UGH! 

PVは妙な浮遊感のある曲ととネオンの光が合わさっていい感じ。

この曲はちょっとおしゃれな店に行くと頻繁にかかってた思い出。

 


The 1975 - UGH!

 

 

 

THE SOUND

 

アルバムの曲の中でも一番好きな曲。

PVはTHE1975のメンバーがガラスケースで演奏しているとその周りを白い服を着た人たちが彼らに対して評価をしている皮肉なPV、途中立場が変わるシーンが好き

 

 


The 1975 - The Sound

 

 

 

今年のサマソニにTHE1975が出るみたいだけど、アルバム聞いたら行きたくてたまらないな。

 

 

 

 
 
 
 
 

010.Chirdren

 

チルドレン (講談社文庫)

チルドレン (講談社文庫)


9年ぶりくらいに伊坂幸太郎のチルドレンを読み直した、読み違えていたところもあったりしたけど、やっぱり面白い作品だなと改めて思った。

 

この小説は時系列の違う五編からなる短編小説なんだけど、長編のようにつながっていて面白い、小説を普段読まない人にでも読んでもらえそうな作品だし、それと物語に登場する陣内という人物がすごく魅力だな。当時は陣内をエルレガーデンの細美武士をイメージして読んでいた記憶がある。読み返してみたら細美武士のイメージとは全然違ったけど。

 

 

自分は小説の登場人物をその時好きなドラマの俳優やバンドマンとか知り合いに当てはめて読む癖がある、イメージがあんまり浮かばない場合はぼんやりとした存在にして読む場合もあるんだけど、みんなそうなんかな。

 

 

そう読んだ後に知ったんだけどチルドレンの続編が長編で発売されるみたいだ、ちょうどチルドレン読んだあとだからタイミングいいね、早く読みたい。

 

サブマリン

サブマリン

 

 

 

 

 

 

 

 

009.卑怯な人間が生き残る?

 

 

 

エイリアン2だったかでヒロインと小さい子供を犠牲にして逃げようとした卑怯なやつが結局エイリアンに捕まり殺されるシーンを小さいころを見て、悪いやつは最後にはやられるんだと思った記憶がある、だが、実際はそんなことはないって現実世界で叩きのめされるように思い知った、”卑怯で賢いやつが生き残る”んだって。

(そもそもあの映画、悪いことをしていない人でもエイリアンに殺されていたじゃないか)

 

そんな風に前は「卑怯な人が生き残る」と思っていたけど、最近はその考えは少し違うと思うことが多くなった、卑怯な人でも失敗する時は失敗するし、周りもバカじゃないから表面を取り繕うとあざとさや意地の悪さは気づくし信用を失うだけだろうと思う。

 

取り残されたり、損をしない生き方に大事なのはどんな状況でも感情に流されずに考えを止めない事や集中力を欠かない事なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

008.陽気なギャングは3つ数えろ

 

 

 

 


イライラしながら読んだけど、後半思い切りスカっとできた。久しぶりに面白い作品だった、陽気なギャングの会話のユニークさもよかった、読んでいて思ったのが陽気なギャングシリーズは9年前からの作品で自分が最初に読んだのが17歳の頃からずいぶんと月日が経ったなと実感した、最初に読んだ頃は人間嘘発見器の成瀬にすごく憧れていた、そんなことも思い出しながら読んだ。